ネオゼネレイター・プロジェクト/「Promised Land〜遥かなる道の果てへ〜」のチラシ画像

公演期間: 2019年10月09日(水)~2019年10月13日(日)

会場:「劇」小劇場

カテゴリ:劇場折込受付中(10/2-10/9配布開始)

ジャンル◆演劇 | エリア◆下北沢 | ◆上限部数:1000枚以下

料金:285円(税別)/100枚
折込無料プランで印刷したチラシ:0円/印刷激安プランで印刷したチラシ:240円

ネオゼネレイター・プロジェクトについて

慶応義塾大学内の劇団だった必劇企画人を経て、大西一郎を中心にして1989年に発足。

劇団的集団論というよりは、サイトウ・キネン・オーケストラをイメージとするような、作り手にとっての「場所」作りを目指して起動。名前の由来は、ネオとゼネレイターを組み合わせた 「新型発電機(もしくはする人)」 という意味合いの造語。

大西のSF的世界観作品のみならず、様々な作家の作品や演出家との作業にも挑む。
1999年に閉館した渋谷ジァンジァン等を中心に公演活動を展開する。
1996年頃から、大西の生活基盤の地元でもある横浜での公演活動も開始。
ジァンジァン閉館後は新宿SPACE107 等での公演活動に至る。
当初のユニット的展開から集団化した時期も経て、プロデュース体制へと移行して行く。
「ドルフィンスマイル1993」 以降は、ラストの大掛かりな屋台崩しなどがひとつのセールスポイントともなる。
2002年 「COSMOS」 東京・原宿版公演をもって活動を休止。
大西は、にんじんボーンやモンキーロード等との共同作業を中心に活動。

2007年、「劇」 小劇場の斉藤支配人(当時)の 「そろそろやんなさい」 という暖かい言葉と、にんじんボーン等で作品作りを共にした、樺木野、高村、吉村という若手発起人3人組の後押しもあって、 「THE MIST〜ある霧夜の物語〜」 で再起動。再開タイトルは、学生時代に影響を受けたスティーブン・キング 「霧」 (なんとその後映画化)へのオマージュ。怒涛のSFホラー。

http://neogene-pro.org/

◆チラシは必ず納品締切日までに弊社折込作業所(豊島区千川)まで送付ください。

チラシ対象サイズは以下4種類限定
A4ペラ/B5ペラ/A3の2つ折/B4の2つ折
※対象サイズ一律1枚2.85円(税抜) その他はお問合せください