ロデオ★座★ヘヴン/「アイラブユー」「日本演劇総理大臣賞」のチラシ画像

公演期間: 2019年10月03日(木)~2019年10月13日(日)

会場:花まる学習会王子小劇場

カテゴリ:劇場折込受付中(10/2-10/9配布開始)

ジャンル◆演劇 | エリア◆池袋/板橋 | ◆上限部数:1000枚以下

料金:285円(税別)/100枚
折込無料プランで印刷したチラシ:0円/印刷激安プランで印刷したチラシ:240円

【アイラブユー】
もし青春が一個の生き物だとして、
その体に流れる血液とは恋なのだろう。

「アイラブユー」は、名も無き者どもの青春群像物語。
まだ小娘だった”わたし”に人生の歓びを教えてくれた”あなた”と
耀くような夢を見せてくれたヒーローの”あのひと”が
ダメになってしまうほどギラギラと命を燃やした
無軌道で無意味な日々。

あの頃は。
なにもかも完璧で。
なにもかも間違っていたよ。
東京の夕焼けは、ひどくしづかで、ひどく怠堕で、ひどく針積めて、まるで悲劇のように綺麗。
そばにいて。
おろしたての厚手のパーカーと汗に溶けたリンスの匂いだけで満たされる。
唇と心臓をつなぐ気道が疼く。内臓まで青空に透く。
こんな瞬間ならと、はじめて口にできた。

「アイラブユー」

【日本演劇総理大臣賞】
日本演劇総理大臣賞・・・1940年に、時の政府によって創設された、優れた演劇作品に与えられる賞である。

ある者は渇望し、ある者は権力にひざまづくことを厭い憎んだ。

そんな曰く付きの賞の選考会が開かれる。
本来ならば選外になるはずの左翼演劇が選考に残っているのを皮切りに、賄賂疑惑、
権力への忖度など、選考会は荒れに荒れた。
やがて浮き上がる一人の演劇人の姿・・・・・・。

権力と芸術を題材に柳井戯曲×ロデオ★座★ヘヴンのラストバトルを俊英・望月清一郎が演出。瞠目必至!


・・・・・・・・・・・・・・・
【ロデオ★座★ヘヴンとは?】
ある日運命的な出会いを果たした澤口渉と音野暁の俳優2人(共に1979年生まれ)によって2011年に旗揚げ。
メンバーは2017年現在、俳優2名、制作2人名の計4名。
特定の演出家、役者を持たず、毎公演形態の異なる作品を上演。
バラエティに富んだ作品、中でもキャスティングの秀逸さは好評を得ている。
2017年上演の第10回公演『大帝の葬送』が、花まる学習会王子小劇場主催の佐藤佐吉賞2017において優秀作品賞他全4部門を受賞。

「アイラブユー」: 浅倉洋介、梅田優作(重惑[omowaku])、小口ふみか、音野暁(ロデオ★座★ヘヴン)、北川義彦(十七戦地)、澤口渉(ロデオ★座★ヘヴン)、平佐喜子(Theatre Ort)、濱崎元気(鳩とグリーンピース)、藤原薫(十七戦地)、百花亜希(DULL-COLORED POP)

「日本演劇総理大臣賞」: 伊藤俊輔(ONEOR8)、音野暁(ロデオ★座★ヘヴン)、菅野貴夫、榊陽介、澤口渉(ロデオ★座★ヘヴン)、島口綾(こゆび侍)、杉山圭一(★☆北区AKT STAGE)、鈴木朝代、高野絹也(TOHOKU Roots Project)、田中良子(AND ENDLESS)、鶴町憲、福田真夕(JACROW)、森田陽祐

脚本・演出(『アイラブユー』): 小栗剛(キコ/qui-co.)
脚本・監修(『日本演劇総理大臣賞』): 柳井祥緒(十七戦地)
演出(『日本演劇総理大臣賞』): 望月清一郎(鬼の居ぬ間に)

https://rodeotheheaven.wixsite.com/rodeo?_fsi=JZklCWzQ

◆チラシは必ず納品締切日までに弊社折込作業所(豊島区千川)まで送付ください。

チラシ対象サイズは以下4種類限定
A4ペラ/B5ペラ/A3の2つ折/B4の2つ折
※対象サイズ一律1枚2.85円(税抜) その他はお問合せください